事例

年間500回のイベント・パーティ実績の中から、
マックスパートのもつ豊富な運営ノウハウで実施した事例の一部をご紹介いたします。

0607_10430007476

いま、ブラジル料理に注目が集まっています。ブラジル料理で使われる主な食材は何といってもお肉! 一人当たりの年間消費量は世界第3位の約40kg。まさに肉料理の本場といってもよいでしょう。そんなブラジルならではの肉料理のなかでも、パーティーにもピッタリなのがシュラスコです。ケータリングでも楽しめる、シュラスコの楽しみ方をご紹介しましょう。

シュラスコとは?

シュラスコとは、もともとはヨーロッパから移住したブラジルのカウボーイたちが楽しんだ特別料理のこと。お祭りやお祝いごとなどのイベント料理として、特別に選んだ牛をさばいて食べるものです。それぞれの部位ごとに大きなかたまり肉を串に刺してたき火で炙り、そのまま、串についた肉をナイフでそぎ落として口に運んでいました。当時から続くシュラスコの味付けは、シンプルに岩塩のみ。肉の味を知り尽くしたブラジルカウボーイならではの、肉本来の味を楽しめる料理と言われています。串刺しの肉料理は世界各国に存在しますが、アメリカンバーベキューや中東のシシケバブとはまた違った味わいが楽しめます。

パーティーでシュラスコを!

大胆な食べ方が興味をそそるシュラスコですが、日本の家庭料理として楽しむにはちょっと難しいところ。ブラジルと比較して肉の消費量も少なく、日本では、大きな肉の塊をそのまま焼くことができるグリルもほとんどありません。外でのバーベキューでもチャレンジできますが、やはり本格的な作り方とは異なります。

そこで、おすすめしたいのが、ケータリングによる実演料理です。設備も材料も整っているケータリングサービスならでは、本格的なシュラスコを楽しめることでしょう。カジュアルな懇親会や納涼会、または、キックオフや決起集会など、交流を深めるイベントにもおすすめです。社内パーティーで大胆で豪勢なシュラスコが出たら、盛り上がること間違いなし!

pixta_11572872_m

味わい方はいたってシンプル

シュラスコは岩塩での味付けのみ、肉そのものの味を存分に楽しむ料理です。本場ブラジルでは肉の部位も20種類以上に細かく分かれており、味わいもそれぞれ違います。いろいろな味に挑戦し、好みの部位を見つけてみてはいかがでしょうか?

  • セブ牛の背中のコブ肉……ブラジルで流通しているセブ牛。脂身が多く、かめばかむほど味が出ます。
  • ランプ肉……モモ肉の柔らかい部分で、コクや深みがあるのが特徴です。
  • リブアイ……ロースの主体部分。骨付きのリブも人気のメニューです。
  • サーロイン……ステーキにも使われるやわらかい部位。リブアイに続く人気があります。
  • フィレ肉……サーロインの内側。最も柔らかく油の少ない部分。高級部位のひとつです。
  • ハラミ……横隔膜。内臓の一部ですが、ジューシーで好まれます。
  • ピッカーニャ(イチボ)……お尻の部分。柔らかくシュラスコでは大人気。ぜひ試してみたい部分です。

一頭の牛からとれる部位はほかにもたくさんありますが、それぞれ焼き具合によって味が違うことに驚くでしょう。味わう際にはぜひ、肉と相性の良い赤ワインやモヒートもたっぷりと用意したいところ。ブラジルのカーニバルのように、にぎやかなお祭り感覚のイベントにしてみましょう。そのほか、ライムの風味がさわやかなブラジルの国民的カクテル、カイピリーニャもおすすめです。

肉を豪快に楽しむパーティーに

料理方法も食べ方も豪快なシュラスコ。本場ブラジルでは断るまで肉の塊をテーブルにサービスしてくれます。自宅で作りにくいメニューだからこそ、ケータリングを使って気軽に試してみてはいかがでしょうか?

お問合せ

日程がまだでも、まずはお電話下さい。ネットには掲載していない事例も豊富に ございます。御社の事情に合わせた、最適なプランを概算価格とともに、 ご説明します。特に日程の決まっている方は、まず会場の確保が先決です。
お電話頂ければ、会場の空き状況もお調べ致します。

お見積り・ご相談専用ダイヤル

03-6262-1091

9:00~18:00(土日祝除く)

ウェブからのお問合せ

お見積り・ご相談はこちら