事例

年間500回のイベント・パーティ実績の中から、
マックスパートのもつ豊富な運営ノウハウで実施した事例の一部をご紹介いたします。

party1

企業パーティーの形式で一番多いスタイルは?

企業が主催するパーティーやイベントで、ケータリングサービスを利用するケースも多いのではないでしょうか。ですがパーティーの目的や規模などにより、そのスタイルもさまざまです。立食や着席スタイル、ブッフェやコース料理スタイルなど… そこで企業が主催するパーティーでは、どのようなスタイルが主流なのかアンケートを実施しました。

14

【質問】
企業パーティーの形式で一番多いスタイルは?

【回答数】
立食ブッフェパーティー:83人
コース料理パーティー:9人
着席ブッフェパーティー:6人
そのほか:2人

【有効回答数】
100サンプル

自由に動けて多くの人と会話できる立食スタイルが支持を獲得

圧倒的多数の意見を占めたのが「立食ブッフェパーティー」。約80%の方々の支持を集めました。

  • ◆企業パーティーでは、挨拶や名刺交換、情報交換に忙しいので立食が多いです。
  • ◆立食パーティーの形式が多いと思う。気軽に挨拶や名刺交換などができる。着席だと近くの人しか話すことができない。
  • ◆大概は立食パーティーで、会話にも花が咲く。
  • ◆費用も安く上がるうえ、席順を考える必要もありません。
  • ◆仕事が絡んでいることも多いので、立食ぐらいの軽い食事が調度良いと思います。

上記の回答からもわかる通り、挨拶がしやすい、名刺交換がしやすい、気軽に話すことができるなどの理由から、「立食ブッフェパーティー」が一番多いパーティースタイル、イベントスタイルのようです。

企業が主催するパーティーは、ビジネス色が濃いものもあるため、一カ所にじっとしているよりは、自由に動けるほうがより多くの方と顔見知りになれたり、情報交換できたりなどと、メリットがあるのではないでしょうか。さらに席順を考える手間がないという点では、主催者側にとっても大きな利点といえます。

着席形式のパーティーは楽と感じる人も

「立食ブッフェパーティー」が多くの支持を集めた結果、2番目以降は、それぞれ10%に満たない少数派の意見に。「コース料理パーティー」が約10%、「着席ブッフェパーティー」が約5%という結果になりました。

  • ◆勤めている会社でパーティーといえばコース料理。着席で席次も何となく決まってます。(コース料理パーティー)
  • ◆コース料理パーティーは自分で動き回る必要がなく、店側のサービスがいいから。(コース料理パーティー)
  • ◆うちの会社は、席とテーブルが準備されていて、そこに自分の好きな料理を取ってくる方法だった。(着席ブッフェパーティー)
  • ◆やっぱり着席していたほうが足も楽なので、これがいいかなと思います。(着席ブッフェパーティー)
  • ◆東北地方に住んでいるので、秋のイベントといえば「芋煮会」です。(そのほか)
  • ◆株主総会が一番のイベントです。(そのほか)
  • ◆旅行や運動会はないので、社員総会で立食パーティーを行います。(社員総会)

「コース料理パーティー」を支持した中で多かった意見は、自社で行われたパーティーが、そもそも、このスタイルだったという理由。普段食べることができないような豪華な料理やひとり分がしっかり決まっていて良いなどの意見も寄せられました。

「着席ブッフェパーティー」では、立ちっ放しは疲れる、ブッフェ形式のほうが肩肘張らず疲れないなどの意見がみられました。

総合的にみると、立食形式のパーティーは多くの人を集め、ビジネス上の交流や親交を深める意味合いをもち、社外的に開催される要素が強い傾向に。着席形式のパーティーは、信頼関係や慰労など、社内向けに開催され、ゆったりとした快適な時間を過ごしてもらうと意味合いがあることが浮かび上がります。パーティーやイベントを成功させるには、その目的などを踏まえたケータリングや演出を施す必要があるようです。

お問合せ

日程・会場が未定でもまずはお電話ください。
御社の事情に合わせた最適なプランを、概算価格と共にご説明します。

お見積り・ご相談専用ダイヤル

03-6262-1091

9:00~18:00(土日祝除く)

ウェブからのお問合せ

お見積り・ご相談はこちら