事例

年間500回のイベント・パーティ実績の中から、
マックスパートのもつ豊富な運営ノウハウで実施した事例の一部をご紹介いたします。

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%b8%e3%82%aa%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88

社員総会やキックオフパーティー、表彰式は、企業の課題を解決する場として位置づける!

経営者はもちろん、サラリーマンやOLなら、社内イベントとして行われる社員総会(キックオフ・表彰式)を経験したことがある方も多いのでは。企業によっては、毎年欠かさず行われるこの社員総会(キックオフ・表彰式)の意義とは何なのでしょうか。そんな社員総会(キックオフ・表彰式)のメリットを4つの選択肢の中から選んでもらいました。

7

【質問】 社員総会を開催する
メリットとは?
【回答数】 経営状況・経営方針の伝達:33人
コミュニケーションの強化:33人
団結力・組織力の強化:27人
士気の向上:7人
【有効回答数】 100サンプル

経営方針の伝達&コミュニケーションの強化が同率首位

アンケートを集計すると「経営状況・経営方針の伝達」と「コミュニケーションの強化」が各33%の支持を集めて、同率首位という結果になりました。

◆会社の考え方や経営方針をみんなで理解して、仕事がうまくいくように話し合う大切な場だと思います。(経営状況・経営方針の伝達)
◆総会をすることで、自分の会社がどうなっているかを確かめる必要もあると思う。(経営状況・経営方針の伝達)
◆経営状況の定期的な報告があることで、社員の意識が変わると思うから。方針を示さないままの会社は、いずれ社員が目的意識を失い士気が落ちると考えます。(経営状況・経営方針の伝達)
◆普段同じ時間に働かない人とも交流ができるし、話したことのない人としゃべれる機会になる。(コミュニケーションの強化)
◆総会から飲み会という流れなので、コミュニケーションが良くなった感じでした。(コミュニケーションの強化)
◆社員のモチベーション強化のためにも必要だと思います。社員同士のコミュニケーションは業務の効率化にもつながります。(コミュニケーションの強化)

社員総会(キックオフ・表彰式)の主旨ともいえる「経営状況・経営方針の伝達」では、ごもっともで身が引き締まる意見が多く寄せられ、改めて企業の経営状況やビジョンの共有などは、大変重要だということが伺える内容でした。

また、同率首位の「コミュニケーションの強化」が社員総会(キックオフ・表彰式)の一番のメリットとする回答では、普段は関わりのない社員と交流できる機会を得られるという回答が多く、これが普段の仕事にも影響してくるという考えがあるようです。総会後に食事会や飲み会をする企業もあるようで、ケータリングを活用することで、会場を移ることなく、リラックした雰囲気の中で経営者を含めた社員同士の交流が生まれ、相手のことを知る機会やより強いつながりを生む機会がつくれるのではないでしょうか。

3強ともいえる結果で社員同士のつながりが共通項

同率で三分されたともとれるアンケート結果で、次点には約30%の「団結力・組織力の強化」が選ばれました。「士気の向上」は、残念ながら少数派の意見となりました。

◆大きな会社ほど団結力を強めるのは難しいので、社員総会は有効だと思います。(団結力・組織力の強化)
◆何よりも団結力が強くないといけないから、こういうことが重要でしょう。(団結力・組織力の強化)
◆何らかの目標を全社員に伝え、方向性を統一することは役に立つような気がする。(団結力・組織力の強化)
◆コミュニケーションは、インターネットがあるから関係ないと思う。社員一同が集まることでの士気の向上が一番の目的ではないか。(士気の向上)
◆全社員の士気を高めるためには、社長の言葉を聞くことが大切。(士気の向上)

首位であった「経営状況・経営方針の伝達」や「コミュニケーションの強化」と、ほぼ変わらない支持を集めた「団結力・組織力の強化」。社内の団結力を高めるにあたって、社員総会(キックオフ・表彰式)がいい機会だと考えている方も、多くいることがわかりました。今後の方向性や目標を全社員が直接把握することで、刺激・一体感が生まれ、団結力の強化につながるのではないでしょうか。

総合的には、「経営状況・経営方針の伝達」「コミュニケーションの強化」「団結力・組織力の強化」が3つどもえとなり、経営方針の伝達・ビジョンの明確化に加え、社員同士のつながりを生みだすことができる点が、社員総会の最大のメリットといえるかもしれません。

大事なことはどこでやるかでなく、何をするかが大切

キックオフや表彰式を行う場として、場所から選ぶことあると思います。場所としては会社から近いホテルやシティーホテルなど会場費に予算がかかることはありませんか?

大事なことは、会場費に予算を投じるのではなく何をするかの目的に予算を投じることで課題解決につながると考えます。例えば、表彰式では感動を呼び起こし一体感を演出したり、競争心を煽りモチベーションを高めることが出来る表彰内容にかえたりと、昨今の企業様はその部分に予算をかけようとうごいております。

また、コミュニケーションにはパーティーでの内容にこだわっている方が増えてきました!社長からのねぎらいの場としてミアショルダーを背負っている社長様や部門間のコミュニケーションを高める事を目的とした部門対抗企画、会社の帰属意識をつけることでコミュニケーションを円滑にしたいと考える人事マネージャーは会社にちなんだ料理の提供など目的に合わせてコーディネートしております。皆様のイベントでも出来ることは必ずあります。

お問合せ

日程・会場が未定でもまずはお電話ください。
御社の事情に合わせた最適なプランを、概算価格と共にご説明します。

お見積り・ご相談専用ダイヤル

03-6262-1091

9:00~18:00(土日祝除く)

ウェブからのお問合せ

お見積り・ご相談はこちら